ヤマケンのe-book教材

「せどりの参考書」
 絶賛販売中!

インフォトップ24時間ランク1位! →  こちら
サンプルPDFもあるでよ →  右クリ保存



■メールマガジンを読んでみませんか?
エンタメ系せどりで楽しく稼いで月30万円
メールアドレス
お 名 前  
ひとこと欄  
メールアドレスなどを入力して、読者登録ボタンを押してください。  



2011年09月21日

「せどりの利益率」9/14メルマガ・メイン記事のバックアップ

9月14日付けメルマガ、
メイン記事のバックアップです。

稼げそうな商品紹介はここには上げないので
メルマガ登録して読んでくださいね♪

では、どーぞ。


***************************************


前回は、せどり実践の現状について書きました。

ここに記事バックアップしときました。

→ http://yamakenrock.seesaa.net/


その流れで、今回は予告どおり

「せどりの利益率」について書いてみようと思います。

文章長いけど、読んでね。



           ♪



前回は「せどりと言ってもいろいろやり方はある」という話。

・取り扱い品種
・中古or新品
・仕入先
・販売先

これらの組み合わせにより、

あらゆるスタイルでせどりはできる、という話でした。



ただ、どんなスタイルを選ぼうと

一番重要なのは「リサーチ」である、と。

で、次に重要なのが

「自分はどれくらいの利益を得たいのか」という

「利益率」をどう考えるか、である、と書きました。





さて、自分の「利益率」を考えたことありますか?

粗利でも純利でもいいですけど、

自分の販売利益のおよその基準値を持つことは

リサーチした結果から仕入れ〜販売を通して

どれくらいの収益に結び付けていくか、という

自身の販売活動においてとても重要な部分を担っている

と言っていいと思います。

仕入れる商品の幅もこれによって決まります。

そして、最終的な数値としての成果・結果(=いくら儲かったか)

への道標が「利益率」といっていいでしょう。



最後に残る「利益」をしっかりと考えられれば

「売上高」だけに一喜一憂する必要もない、と考えます。

企業活動においては、どれくらいの金額を動かすビジネスか、

という売上高ベースでの判断というのは様々な局面で重要かと思いますが、

せどりのような一人でやる超スモールビジネスにおいては

いくら残せるか=いくら儲けるか、という「利益」にフォーカスすることこそが

大切な視点だと思えるからです。



ところが、せどりの情報発信をされている方のほとんどは

「月商○万円」という売上高ベースの話をされるため、

「で、いくら儲けたのか?」という大事な部分が見えない場合が多い。

特に初心者の方の情報収集において、

売上という表層的な数値だけで判断したり自身と比較したりしていたら

そこだけではわからない部分もあるよ、と言っておきたいのよね。



わかりやすい例で言えば、

月商100万円で利益20万円の場合もあれば

月商50万円で利益30万円の場合もある、ということですね。

利益が見えずに両者の情報(売上高のみ)に接したときに

情報をどう受け止めてしまうか、読み手の感情がどう動くか、

というのは気になるところであります。



これは、どちらが優れている、という話ではなく

そういう部分も考慮しながら情報に接した方がいい、という話。

1万円を稼ぐのに、5万円のボックス売って利益1万でも

2,000円の利益を5個積み上げて1万でも、自分のやり方でいいわけで。

ただ、表面の「大きい数字」に圧倒されない心構えは必要と思います。





で、私の場合はといえば、なにか数値のお話しをするときは

たいてい「利益ベース」での話をしてきたつもりです。

当初より、そのほうが「せどりの本質」が伝わると考えたからです。



私自身にとっての「せどりの本質」、つまり根っこの部分は

「せどりをして商品にふさわしい価値をもう一度与えて市場に再投入すれば

しかるべき価格で旅立ち、商品も喜ぶし、自分も稼げる」ということ。


「ビジネス」としての執着より、商品への愛着の方が勝ってる、のかな。。

安く売られてかわいそうな本やCDを、自分の手で磨いてあげて

価値を認めて迎え入れてくれる人のところへ嫁入りさせる、みたいな(笑)

そういう埋もれた商品発掘作業こそが、せどりの醍醐味であり・やりたいことである、と。

そこで出る差益の大きさ(利益率の高さ)を追求するのが

せどりの楽しみであり目的でもある、という感じです。



で、このメルマガのタイトル「楽しく稼いで月30万円」の「30万円」も

売上高ではなく「利益」のことなんですよ。実はね。

いいかげん数字を入れるのはやめようと思ってますが^^;





それでは、私は利益率をどう設定しているか。

これはどこかで何度か話したりしたこともありますが

キチンと書いて残したことは確かないはずなので

ここで初めて、書いてみましょうかね。



仕入額 → 販売額 (粗利益率)

105円 → 1,000円以上 (89.5%〜)
250円 → 1,500円以上 (83.3%〜)
500円 → 2,000円以上 (75%〜)
1,000円 → 2,500円以上 (60%~)
1,500円 → 3,500円以上 (57.1%~)
2,000円 → 4,500円以上 (55.6%~)
2,500円 → 5,500円以上 (54.5%~)
3,000円 → 6,500円以上 (53.9%~)
5,000円 → 10,000円以上 (50%~)



これは、せどり開始から6年間で自分なりに培ってきた指針で、

具体的には「中古品せどり→ヤフオク売り」でのおよその基準値です。

現在のアマゾン売りへの仕入れ対応でも、この指針は目安にしています。


実際には、1,000円以下の安物仕入れだとユルい判断のものも多いので

値下げなどして最終的に売れる価格は上記利益率に満たない場合もあります。

逆に、1,000円以下仕入れで爆発するような高利益を得ることも多々あります。

仕入額が高額になればなるほどシビアに判断しているので、

5,000円以上仕入れで上記利益率に満たないような失敗は減っていく傾向です。

結果、6年間の(ヤフオクでの)トータルの粗利益率は 70~75% くらい でした。


現在は、新品のアマゾン売りもしているのでその分率はかなり落ち、

eBay売りでは上記の倍くらいの利益は考えて仕入れてますのでその分上がり、

相殺されてトントンくらいではないでしょうか。



ざっと、私の頭の中にある仕入れ基準はこんな感じです。

常に粗利50%を超えないと仕入れない(気持ちが動かない)傾向にはあります。

いろいろなせどり実践者の方に実際にお聞きした利益率よりも

結果としては高いかもしれませんが、

しつこいリサーチをして仕入れを相当絞り込んでもいるので

(薄利多売はイヤだし、失敗したくないしw)

バンバン商品を仕入れられるワケでもなければ効率的とも言いがたい。

苦労しながらやってますので、そのへんはどうぞ誤解なきよう。



当たり前ですが、この数値に追従する必要は全くないので

あくまでも他人のデータとして参考程度に眺めてみて下さい。

私の場合は、埋もれた商品発掘という側面から高い利益率を好むので、

上記基準を満たすべく仕入れ行動も決定されていく、という流れであります。





何度も言いますが、

利益率が高ければいい、という単純な話ではありません。

スタイルや志向によって、仕入れ基準値はまちまちであることは当然です。

前回書いたように、利益率を含めいろいろなやり方を選択できるのが

現在の「せどり」を取り巻く状況であり、それはとても好ましいことなので

やりたい事を複合的にやってみるのも楽しくてアリです。

自分の納得できるやり方こそが「正解」なのだと思います。



要は、自分がどこを目指すかを数値で把握しつつ

そこに至るための仕入れ基準として利益率をどうとらえるか、を

しっかり考えることも大切である、ということですね。





ネットビジネスやせどりをなぜはじめたかを考えると

それは「お金を稼ぎたい」からだと思います。


お金を稼ぐ、ということは

表面的に売上高を上げる、ということではなく

その先に「お金を手元に残す」ということであるはず。

つまり「いくら利益を残すか」ということです。


もう一度、自身の「利益率」について

考えてみるのもいんじゃね?

というのが、今日の結論。

ここまで長かったですね(爆)




蛇足ながら、ブログやメルマガで情報発信されている方は

みんな売上高と利益率(利益高)の両方で語ってくれると

その人の「せどり」がとってもイメージしやすくて分かりやすいんだけどなぁ、と

個人的にはいつも思っております(笑)


***************************************




人気ブログランキングに参加しています。
応援ポチっと、よろしくお願いいたします!





posted by ヤマケン at 13:54| Comment(0) | せどりノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
■メールマガジンを読んでみませんか?
エンタメ系せどりで楽しく稼いで月30万円
メールアドレス
お 名 前  
メールアドレスなどを入力して、読者登録ボタンを押してください。  
コンビーズメールの配信システムを使って、発行しています  メルマガ配信するなら、コンビーズメール!
メールマガジンが正しく届かなくなったら、こちらのページから詳細を報告してください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。